ブログ開設10周年感謝記念企画-10年間のアクセスベスト10

 みなさん新年あけましておめでとうございます。Mr.Tetsuoです。昨年中はお世話になりました。本年も当ブログを引き続きよろしくお願いします。2017年がスタートしました。今年は穏やかな天気の幕開けとなり、初日の出も各地で見られました。明日までの三が日は天気もまずまずで初詣などお出かけ日和になりそうです。今回はブログ開設10周年企画で10年間のアクセスベスト10です。

 昨年末にお話ししたよう当ブログも今年の1月で、なんと開設10周年迎えました。

 10年間という長い年月、途中休止もあり、人生でもいろいろありましたがやめずにここまで続けてこられたのは、何といっても訪問いただいている皆様のお陰です。

 今回は特別企画として、この10年間すべての記事のアクセス数ベスト10を発表させていただきたいと思います。

 最初は鉄道模型ブログとして開始した当ブログもいろいろあって今は鉄道系の話題を中心にフィギュア・タワー・芸能関連も含めた(独断と偏見でかなりかたよりはありますが)、情報発信と趣味の語りとして週一ベースで更新させていただいています。

 今回統計を取ってみて、当然より昔の記事の方が統計するアクセス年数が長く、総数も多いかと思いましたが、そうでもなく比較的新しい記事が多かったのは意外でした。

 ということは、年々アクセス数全体が伸びているという結果であり、本当にうれしいかぎりです。

 では10位から1位まで順を追って、発表したいと思います。

 第10位・6518アクセス
 2013年5月18日更新記事 
 新宿三丁目駅の誤算

 記事の内容は地下鉄関連そして駅などの設備やアクセスの問題提示などがけっこう多いのですが、この記事もその一環で、副都心開業以降の新宿3丁目駅を取り上げました。

 余談ですが、次点だった11位は大江戸線勝どき駅の混雑問題に関する記事で6474アクセスいただきました。

 第9位・7070アクセス
 2011年10月30日更新記事 
 消えてゆく思い出の遊園地・テーマパーク

 鉄道系記事ではないのですが、この記事はかなり興味を持っていただいたようで、検索から見ていただくケースも多く、今でもぼちぼちアクセスがあります。

 昔ながらの昭和の遊園地などや、バブル時代に竹の子のように増えたテーマパークが、余暇の過ごし方の変化など時代が変わり、多く消えて行きました。

 そんな場所を自分が行った経験のあるところを中心にかなり熱を入れて語りました。
 
 最近では魚の氷漬けスケートリンクで炎上した九州の「スペースワールド」も今年で閉園を発表しました。

 あげればきりがありませんが、古き良き想い出の場所がだんだんとなくなっていくのは寂しいものです。

 そう考えると「としまえん」「東京ドームシティー(旧・後楽園遊園地)」「花やしき」などは今もよく健闘していると思います。

 これからも頑張っていただきたいです。

 第8位・7319アクセス
 2015年8月17日更新記事 
 EF58-61号機(元・お召し機)はなぜ動態復活も静態での博物館入りもしないのか?

 名機EF58(通称ゴハチ)もすっかり過去の機関車となり、現役の動態保存機は消滅して久しいです。

 動態保存から静態保存となり博物館入りした仲間が多い中、旧・お召機61号機は特別扱いで永久保存機として東京総合車両センターの御料車庫に保管されています。

 なんと今も、自力で動くのだそうですが、金属疲労による主台枠の亀裂の為本線での運転は出来ないそうです。

 たまに同センターのイベントなどでは屋外公開されていますが、ほとんどが倉庫内で非公開です。

 今も車籍を有し、保留車扱いとなっています。

 この61号機を以前のEF55(通称ムーミン)やSL復活のようにもう一度本線に復活できるよう修理は出来ないものかという記事です。

 このEF58-61号機への関心はみなさん高く、多くのアクセスをいただきました。

 第7位・7457アクセス
 2011年8月21日更新記事 
 同世代の元・女性アイドル歌手、タレントさん-あの人は今・・・

 70年代・80年代を中心ににアイドルやトレンディードラマ俳優(死語)として活躍した芸能人を中心に、今もベテラン俳優として活躍する人、歌手から俳優に転向した人、歌手としてその後も頑張っている人、芸能界を引退した人などを取り上げてこれもかなり熱心に語りました。

 この記事も検索から見ていただく人が多く、「あの人は今?」系の記事はそれなりに人気があるようです。

 そういえば、この記事の中で岡田奈々さんも取り上げていますが、今岡田奈々さんと言えば、AKB48の次世代で選抜まで人気が上がった岡田奈々さんのほうが有名なくらいです。

 同姓同名なので、昭和の岡田奈々(こちらは芸名です=本名:矢井弘子)(今も女優としてたまにお見かけしますが、相変わらずきれいな方でいまも独身です。)平成の岡田奈々(本名)と区別されているようです。

 自分は当然岡田奈々さんと言えば、昭和の方ですがデビュー2曲目のちょっとマイナーですが、「女学生」という歌が一番気に入っています。

 

 この歌の歌詞で、「恋人の写真を定期入れ(定期入れ自体今はないに等しい)に入れていたのを、友人に破られてしまった」という内容の歌詞が出てきます。

 今は写真はスマホに保存しておく時代ですが、この当時は本当に生写真をこうして持ち歩いていました。

 「見せて見せて」とせがまれて引っ張り合いになって破られてしまう事も本当にありました。

 こうゆうせつない歌詞は、同世代の自分としては古き良き青春時代を思い起こさせてくれます。

 YouTubeで公開されていますのでぜひ見てください。

 余談ですが、この動画に出てくる車は、自分も乗っていた不人気だった2代目シルビアです。

 共演者の加納竜さんや早乙女愛さんも懐かしいですね。

 第6位・7985アクセス
 2014年5月20日更新記事 
 都営浅草線・西馬込以遠はなぜ延伸されないのか?

 どの鉄道とも接続していない都内の地下鉄終着駅はこの西馬込、丸ノ内線・方南町(後述)、千代田線の支線・北綾瀬・都営三田線・西高島平、都営大江戸線・光が丘があります。

 そのうち大江戸線・光が丘は延伸構想がありますが、その他の駅はありません。

 そんな事情を取り上げました。

 今や都営浅草線の本線でありながら、泉岳寺-西馬込間は完全に支線扱いになっています。

 同じ疑問を抱く方も多いのか、アクセスをたくさんいただきました。

 第5位から上は1万アクセス以上をいただいています。

 第5位・10619アクセス
 2013年4月18日更新記事 
 東武東上線・志木駅東口前のダイエーが今年7月で閉店します。/志木駅が今の場所に出来た理由

 近隣の方の興味が多かったのかこのローカルな話題が第5位でした。

 東武東上線・志木駅は東上線の中では、池袋・川越・朝霞台と並ぶ乗降客が多いターミナルで、どこの路線とも接続していない駅としては第1位です。

 理由は急行停車駅として都内通勤のベットタウンとして人気が高い事や、多くのバス路線が集中している事があげられます。

 ただ志木駅という名でありながら、南口の新座市側が実質表玄関で、駅前のダイエー志木店やららぽーと志木がなくなってからは、ただ無機質なマンションが乱立するばかりで、志木市側の東口は完全に裏口的になってしまいました。

 大規模店は丸井が残っているのみで、休日のにぎわいもなくなり、いつもひっそりしています。

 志木市の住民としては、表玄関であり、この現状は寂しい限りです。

 第4位・14671アクセス
 2013年12月14日更新記事 
 東京メトロ丸の内線方南町以遠はなぜ延伸されないのか?-丸の内線の近況(後編)

 2013年の記事はアクセス数の当たり年で、これから発表する記事も含め5記事、なんと半分が2013年更新記事でした。

 4位は前述した都内の地下鉄・盲腸線の丸の内線方南町支線の記事です。

 方南町から先の延伸計画はありませんが、ホームの6両化工事が進み本年度中に完成予定です。

 今は方南町支線には中野富士見町行きが車庫入れついでの為、ほんの数本直通があるだけで方南町までは来ていませんが、ホーム6両化完成後は中野坂上での乗り換えはなくなり、本線と直通運転が予定されています。

 自分の予想では今だいたい交互に新宿止まりなのが、方南町まで延伸されて、乗客が増えている中野坂上と西新宿駅の実質増発で利便性を高める目的もあって荻窪行きと方南町行きが交互になる気がします。
 
 そうなると方南町は非常に便利になります。

 中野坂上の乗り換えがなくなり、かつ始発駅であるために都心の銀座・東京・大手町方面に座って通勤出来ます。

 もちろん新宿にも直通でわずか5駅、10分たらずで行けます。

 そんな便利な街になる方南町は昔ながらのアーケードが残る昭和の雰囲気が漂う街ですが、特に環七を挟んで西側はマンションなどが増えて劇的に住人が増えるのではないかと予想されます。

 不動産情報HPですが、こちらが参考になります。アクセスが良くなる方南町駅はいま東京で一番注目すべき駅

 いよいよベスト3です。

 第3位・16380アクセス
 2013年11月29日更新記事 
 北陸新幹線E7系が報道陣に公開/次のE8系の話

 JR東日本系統の新幹線E7系についてと、次世代のE8系の予想について語った記事です。

 まだ先の話だと思われる次形式E8系については、もちろん公式発表はまったくありません。

 200系・400系・E1系はすでに廃車され、次の完全置き換えはE2系0番台の順番と予想されますが、次のE8系を上越新幹線専用と自分は予想し語りました。

 E2系0番台は2013年からすでに廃車が始まっています。

今後E5系とE7系(W5系やH7系も含め)の増備が進めば、東北・北海道新幹線はE5・H5系、北陸新幹線はE7・W7系に完全に置き換わると予想されます。

 そうすれば路線別に形式を統一するJR東日本の計画がE8系を上越新幹線用とすることで完結します。

 どんな形状になるのか、塗装になるのか(路線イメージカラーのトキのピンクを主体にした塗装が有力)、今から楽しみです。

 第2位・17435アクセス
 2012年9月20日更新記事 
 山手線に近い将来導入されると予想されるE235系とは?

 第2位はこの更新したこの時点では、まだ登場前だった山手線・E235系についてと、E231系500番台の捻出先の予想について語った記事です。

 その後予想通り、山手線にはE235系が導入されました。

 
画像

 試運転中のE235系(2015年4月19日)
 (写真:Wikipediaより)

 まだ試作編成1編成のみですが、当初はトラブルがあったものの昨年から無事営業運転を開始しました。

 今後、今年の春にいよいよ量産化が始まり、オリンピックイヤーとなる2020年の春までに量産車49編成(539両)が順次導入されて、今のE231系500番台を完全に置き換える予定です。

 但し10号車は6ドア車の廃止に伴って新製されたサハ231形4600番台がまだ新しい為、試作編成同様に47編成分(47両)がE231系からの改造で編入され、不足の2編成分(2両)は新造される予定です。

 なお、余剰となるE231系500番台は、すでに1編成が運用されていますが、サハ231形4600番台を間引いた10両編成で全編成が中央・総武緩行線へ転属する予定です。

 尚現在同線で運用されているE231系0番台の捻出先については未発表ですが、武蔵野線の205系の置き換えが有力視されています。

 いよいよ第1位の発表です。

 第1位・32653アクセス
 2013年8月26日更新記事 
 DF200はなぜ本州以南に導入されないのか?その理由

 第2位以下を大きく引き離して3万アクセス以上をいただいたDF200の記事が第1位となりました。

 今では7000番台がJR九州で「ななつ星in九州」の牽引専用機として導入されていますが、それ以外はすべて最近まで北海道地区での運用でした。

 
画像

 DF200-7000(日豊本線 隼人駅)
 (写真:Wikipediaより)

 非電路線の貨物列車用のDD51の置き換えとして、なぜ本州以南に導入されないのか同じ疑問を感じた方が多かったのか大変多くのアクセスをいただきました。

 DF200で検索すると、この記事はなんとWikipediaについて2番目の順位で出てきます。

 ありがたい事です。

 当然検索から見ていただける方が大変多く、このアクセス数となりました。

 そんな最近のDF200の動向ですが、長らく7000番台の例外を除き、貨物専用でしたが、動きがありました。

 第一は青函トンネル区間を通過する定期列車の完全廃止に伴って、JR北海道のDD51が運用を離脱した為、「クルーズトレイン」として新たに運行を始めた「カシオペアクルーズ」の北海道乗り入れ用牽引機として初めて旅客列車の牽引にあたり再注目されています。

 DF200とEH800が「カシオペアクルーズ」を牽引する動画です。

 
 カシオペア紀行、クルーズ映像集 EH800 DF200
 FILL321

 箱形ディーゼル機関車でアメリカンスタイルのDF200は北海道の大地によく似合う迫力ある機関車で、「カシオペアクルーズ」の牽引を開始したのは、喜ばしい限りです。

 また123号機が関西本線で使用している老朽化したDD51形を置き換えの為、仕様変更の試作を目的として保安装置などを変更し223号機に改番されて昨年愛知機関区ヘ移りました。

 改造の詳細は不明ですが、寒冷地装備などが外されて200番台を暖地形として本州以南に改造・増備する布石かと思われます。

 尚、外観は変わっていません。

 試験運用もはじまり、貨物列車のDD51と重連で関西本線で貨物列車の牽引を始めています。

 試験運用の動画です。

 
 JR貨物 試9072レ DF200-223号機+DD51-1028号機+DD51‐853号機 石油タキ 八田駅発車
. 東海の鉄道ファン Win350

 本州以南用にDD51の置き換えとしては新形式の登場も期待されましたが、どうやらJR貨物はDF200の暖地改造・配置転換で今後行くようです。

 ベスト10記事以上です。

 尚、初期の鉄道模型関連記事は、最高位が12位のコンテナ関連記事でベスト10には入りませんでした。

 今でも鉄道模型関連記事にもアクセスはけっこういただいてます。

 しかし、この結果のように近年の鉄道の話題(それ以外も含め)で模型以外の記事に多くのアクセスをいただくようになったということは、過去記事が増えるにつれ、検索からブログ全体でアクセスが上昇している結果であり、長い事やってきたかいがありました。

 今後何年続けられるかはわかりませんが、続けられる限りはがんばって末長く更新していきたいと思います。

 改めて今後ともよろしくお願いします。

 では今回はこの辺で。

 また次回お会いしましょう。

 日本ブログ村・鉄道ブログに登録しています。下の各バナーをクリックしていただくと、別窓で各々のサイトが表示されます。またTOPページのバナーはサイトが直接移行します。ぜひ訪問してみてください。尚、クリックしていただくと、ブログランキングに連携し、皆様の清き一票(ポイント)が入り、このブログのランキングアップにもつながります。このブログ・記事を気に入っていただいた方のワンクリックをぜひお待ちしてます。ご協力をお願いいたします

  

 にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道の豆知識へ
にほんブログ村

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 別カデゴリーでMr.Yoshioの今話題の最新情報をお届けするブログを掲載中です。こちらもぜひよろしくお願いします。

 にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村 

 1日1記事、たった1つのブログ運営で、あなたの趣味や好きな事が月収20万円を産み出す ホビリエイト・マスターズカリキュラム

 


 10/20(日)初心者でも趣味を活かしてCDせどりで手堅く稼ぐシークレットセミナーin東京

 【りすマケ】呼野+【趣味起業】西田の初対談

 

 趣味のお店(ホビーショップ)開業講座基本編 

 趣味のお店(ホビーショップ)を開業するための心得やノウハウを初心者にも分かりやすくまとめました。小資本で始めるネットショップから、本格的な店舗での運営まで開業のポイントが記載されています。

 

 【鉄道模型】動画でわかる 鉄道模型ジオラマ製作

 鉄道模型ジオラマの名人が、本物そっくりのジオラマ製作のノウハウを初公開!! 市販の模型キットでは飽きてしまった方、オリジナルのジオラマを作りたいと思っている方にはオススメのDVD。書斎の机の上でも作れるミニジオラマ(60cm×45cm)なので、初心者の方にも取り組みやすい本格的ジオラマです。工具の説明から、プランの立て方、本物そっくりの山やトンネル、川の作り方、ウェザリング(汚し塗装)まで解説した盛りだくさんな内容。ジオラマ製作には材料費がかかりますが、100円ショップで購入できる針金を使った樹木の作り方なども一挙公開。DVD2枚組。ポイントをまとめた冊子付き。90日間無料メールサポート付き。

 趣味・特技・ノウハウを収益化

 あなたの好きな趣味や、あなた自身の悩みごとを題材にして、それを解決しながら人様の役にたつ記事を書いて1日2時間のスキマ時間で月30万円稼ぐ戦略「アメリタ~Amerita」
 

 ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ!【Power Affiliate(パワーアフィリエイト)2014】+アフィリエイトで年収1000万円稼いだ男のマインド&仕事術

 


 大好きな趣味で起業するための7つのステップ

 【鉄道模型】動画でわかる 鉄道模型ジオラマ製作

 鉄道模型ジオラマ製作のDVDが、とうとう発売されました。

 鉄道といえば、「KING OF HOBBY」(趣味の王様)といわれ、多くのファンが存在します。

 少し前までは中年男性のマニアックな趣味という印象もありましたが、最近では「鉄子」と呼ばれる女性鉄道ファンも急増中です。

 そんな鉄道ファン必見!! 鉄道模型ジオラマの作り方のDVDが、いよいよ登場です。

 講師は、秋葉原の大手鉄道模型ショップでジオラマ講師を務めていた鉄道模型ジオラマの名人、宮澤雅文氏です。

 初心者の悩みである「本物そっくりのジオラマが作れない」「市販のジオラマキットでは、すぐに飽きてしまった」といった問題に答え、初心者にもできる本格的なジオラマの作り方を一挙公開しています。

 内容を一部紹介いたしますと

  ・プランの立て方
 ・材料の購入場所
  ・工具の説明
  ・山とトンネルの作り方
  ・川の作り方
 ・ウェザリング(汚し塗装)

 などなど、中級者でも満足できる内容です。

 レイアウトの大きさは、書斎の机にものるくらいのミニジオラマ(60cm×45cm)なので、初心者の方にも取り組みやすい本格的ジオラマです。

 鉄道模型といえば、材料費などがかかりますが、100円ショップで購入できる針金を使った本物そっくりの樹木の作り方など、プロならではのコツも公開しています。

 鉄道模型ジオラマ製作の書籍は何冊か出ておりますが、解説の写真が載っていても細かい手の動きなどが分かりません。

 そこで、動画でわかりやすく解説したものが、このDVD「動画でわかる 鉄道模型ジオラマ製作」です。

 収録時間は2時間55分。

 DVD2枚組みにポイントをまとめた冊子を付けました。

 
鉄道手帳[2017年版]
創元社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鉄道手帳[2017年版] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック