Mr.Tetsuoの鉄道の話題と趣味日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS JR東日本が上越新幹線E4系をE7系に置換えを発表−2階建て新幹線が消滅

<<   作成日時 : 2017/04/05 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさんこんにちわMr.Tetsuoです。いよいよ春本番!やっと4月になりました!街には新入社員の初々しい姿、そして子どもたちは入学式・新学期です。今年は開花してから遅れていた東京の桜も、やっと満開近くとなり、お花見真盛りです。気温もやっと上昇し、今日の最高気温は20度以上となりました。朝晩はまだ肌寒いですが、やっとコートが脱げそうです。明日は天気は下り坂、週末は曇りがちで雨の予報も出ています。今回はE4系新幹線「Max」の引退について語りたいと思います。

 JR東日本が、上越新幹線に2018年度から2020年度にかけて北陸新幹線で活躍する最新鋭のE7系を順次投入すると発表しました。

 そして、これにともなってE1系の後継車両として活躍した、全車両が2階建てのE4系「Max」が並行して2020年度末までに置換え・引退となります。

 
画像

 完全引退が決定したE4系(新塗装)

 E4系は200系の置換えや画期的な全席2階建て車両として登場したE1系導入以降も増え続ける乗客需要に対応する車両として1997(H.9)年の登場し、早いものでそれから20年近くに渡って活躍してきました。

 当初は東北新幹線で運用されましたが、その後E1系の廃車の進行にともなって、塗装もE1系に準じたトキ色のピンクの帯となり、で2001(H.13)年から順次上越新幹線専任となりました。

 
画像

 登場時のE4系・旧塗装
 (写真は2枚ともWikipediaより)

 E4系はオール2階建て8両で、2本連結した16両編成時の定員は1634人で、高速鉄道車両としては世界最大級です。

 最初に登場したオール2階建て車両E1系が登場した背景は、当時東北新幹線では宇都宮・小山など、上越新幹線では高崎・熊谷などから新幹線通勤する人が急激に増加し、その増える乗客の対応から1列車当たりの定員を増やす必要があったからです。

 当時のJR東日本は、新幹線はスピードより、いかに多くの乗客を運ぶかを最優先しており、早さは2の次でした。

 E1系やE4系が登場した日本はバブル景気で、地価が急上昇し住まいは都心から遠くなる一方でした。

 また湯沢や那須などはリゾートマンションが次々と建てられました。

 しかし、バブルで急上昇した地価も落ちつき、住まいも都心回帰の傾向が強まり、長距離通勤もその後落ちつきました。

 また団塊の世代の定年、少子化などで就労人口が減少の時代になりました。

 JR東日本の関係者も「近年の新幹線定期券利用者数は頭打ちで、都心回帰が始まっていることからも、収容力の高い新幹線を維持する必要がなくなってきた」と語っています。

 JR東日本の2階建て新幹線はE1系・E4系はいわゆる通勤客対応で導入されましたから、その必要性も時代の変遷と共に薄れてしまいました。

 そしてJR東日本の管轄する新幹線網も、東北新幹線は盛岡から青森、そして北海道へと延伸、長野止まりだった北陸新幹線も金沢まで開通しました。

 そのような理由からJR東日本も徐々に方針転換、飛行機や長距離バスなどのライバル勢に対抗するには、やはりスピードです。

 そしてスピード重視のE5系が登場しました。

 E4系は、その収容力が最大の特徴ですが、逆に車両の重量が大きくなるのは避けられません。

 そのため最高速度が240km/hと低いという大きな欠点があり、近年の新幹線高速化の波の中で逆に足を引っ張る形になってしまいました。

 そして延伸で高速化が進められた東北新幹線からは、2012年に撤退しました。

 また時代背景もあり、車内設備の充実にも、それまで以上に力を注ぎ、その成果が結集されたのがE7系です。

 昔の1等車に値する、グリーン車より上級の「グランクラス」が設定されているのをはじめ、全座席には電源コンセント、全洋式トイレには温水洗浄機能も付いています。

 乗り心地の改善を目的に普通車のシートピッチ(間隔)も、E4系の980mmから、E7系は1040mmに拡大されています。

 そして定員は多くも快適とは言い難い車内空間(特に1階席)の2階建て新幹線車両は過去の遺物となってしまいました。

 新幹線に初めて2階建て車両が登場したのはまだ国鉄だった頃の東海道新幹線100系です。

 1編成に2両が連結され、食堂車や個室、グリーン車が整備され、当時0系の後継車両としての最新鋭の100系は高い評判を受けました。

 2階建て車両は一部の東北新幹線が開業し、200系の一部にも引き継がれました。

 そしてオール2階建てのE1系が登場しました。

 しかし時代と共に、車両限界内で2階建てにする事の欠点、天井の低さが圧迫感を感じさせ、特に1階席はホームより低い位置にある事で車窓から何も見えないなど不評で、時代の変遷ともに過去の遺物となっていき、E1系の後継車E4系以降、その後登場した全国の各路線の新幹線車両には採用されませんでした。

 そして100系登場以来30年以上続いてきた「2階建て新幹線」もいよいよ終焉の時を迎えます。

 E4系は2013年から廃車がすでに始まっていますが、今後上越新幹線では、定員の増加やグランクラスの提供、 乗り心地の向上など、社内サービスの向上を図ることを目的にE7系新幹線車両12両編成(11編成132両)を順次投入し、2020年度末までにE4系を全車置き換えて上越新幹線の車種をE7系とE2系に統一されます。

 導入されるE7系は北陸新幹線と同仕様ですが、塗装は上越新幹線用として、トキ色をベースにした新塗装が採用されると予想されます。

 今後の上越新幹線の動向が注目されます。

 (参考:Wikipedia/乗り物ニュース/タビリス)

 では今回はこの辺で。

 また次回お会いしましょう。

 日本ブログ村・鉄道ブログに登録しています。下の各バナーをクリックしていただくと、別窓で各々のサイトが表示されます。またTOPページのバナーはサイトが直接移行します。ぜひ訪問してみてください。尚、クリックしていただくと、ブログランキングに連携し、皆様の清き一票(ポイント)が入り、このブログのランキングアップにもつながります。このブログ・記事を気に入っていただいた方のワンクリックをぜひお待ちしてます。ご協力をお願いいたします

  

 にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道の豆知識へ
にほんブログ村

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 別カデゴリーでMr.Yoshioの今話題の最新情報をお届けするブログを掲載中です。こちらもぜひよろしくお願いします。

 にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村 

 1日1記事、たった1つのブログ運営で、あなたの趣味や好きな事が月収20万円を産み出す ホビリエイト・マスターズカリキュラム

 


 10/20(日)初心者でも趣味を活かしてCDせどりで手堅く稼ぐシークレットセミナーin東京

 【りすマケ】呼野+【趣味起業】西田の初対談

 

 趣味のお店(ホビーショップ)開業講座基本編 

 趣味のお店(ホビーショップ)を開業するための心得やノウハウを初心者にも分かりやすくまとめました。小資本で始めるネットショップから、本格的な店舗での運営まで開業のポイントが記載されています。

 

 【鉄道模型】動画でわかる 鉄道模型ジオラマ製作

 鉄道模型ジオラマの名人が、本物そっくりのジオラマ製作のノウハウを初公開!! 市販の模型キットでは飽きてしまった方、オリジナルのジオラマを作りたいと思っている方にはオススメのDVD。書斎の机の上でも作れるミニジオラマ(60cm×45cm)なので、初心者の方にも取り組みやすい本格的ジオラマです。工具の説明から、プランの立て方、本物そっくりの山やトンネル、川の作り方、ウェザリング(汚し塗装)まで解説した盛りだくさんな内容。ジオラマ製作には材料費がかかりますが、100円ショップで購入できる針金を使った樹木の作り方なども一挙公開。DVD2枚組。ポイントをまとめた冊子付き。90日間無料メールサポート付き。

 趣味・特技・ノウハウを収益化

 あなたの好きな趣味や、あなた自身の悩みごとを題材にして、それを解決しながら人様の役にたつ記事を書いて1日2時間のスキマ時間で月30万円稼ぐ戦略「アメリタ〜Amerita」
 

 ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ!【Power Affiliate(パワーアフィリエイト)2014】+アフィリエイトで年収1000万円稼いだ男のマインド&仕事術

 


 大好きな趣味で起業するための7つのステップ

 【鉄道模型】動画でわかる 鉄道模型ジオラマ製作

 鉄道模型ジオラマ製作のDVDが、とうとう発売されました。

 鉄道といえば、「KING OF HOBBY」(趣味の王様)といわれ、多くのファンが存在します。

 少し前までは中年男性のマニアックな趣味という印象もありましたが、最近では「鉄子」と呼ばれる女性鉄道ファンも急増中です。

 そんな鉄道ファン必見!! 鉄道模型ジオラマの作り方のDVDが、いよいよ登場です。

 講師は、秋葉原の大手鉄道模型ショップでジオラマ講師を務めていた鉄道模型ジオラマの名人、宮澤雅文氏です。

 初心者の悩みである「本物そっくりのジオラマが作れない」「市販のジオラマキットでは、すぐに飽きてしまった」といった問題に答え、初心者にもできる本格的なジオラマの作り方を一挙公開しています。

 内容を一部紹介いたしますと

  ・プランの立て方
 ・材料の購入場所
  ・工具の説明
  ・山とトンネルの作り方
  ・川の作り方
 ・ウェザリング(汚し塗装)

 などなど、中級者でも満足できる内容です。

 レイアウトの大きさは、書斎の机にものるくらいのミニジオラマ(60cm×45cm)なので、初心者の方にも取り組みやすい本格的ジオラマです。

 鉄道模型といえば、材料費などがかかりますが、100円ショップで購入できる針金を使った本物そっくりの樹木の作り方など、プロならではのコツも公開しています。

 鉄道模型ジオラマ製作の書籍は何冊か出ておりますが、解説の写真が載っていても細かい手の動きなどが分かりません。

 そこで、動画でわかりやすく解説したものが、このDVD「動画でわかる 鉄道模型ジオラマ製作」です。

 収録時間は2時間55分。

 DVD2枚組みにポイントをまとめた冊子を付けました。

 











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道の豆知識へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ   もしもドロップシッピング
JR東日本が上越新幹線E4系をE7系に置換えを発表−2階建て新幹線が消滅 Mr.Tetsuoの鉄道の話題と趣味日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる