Mr.Tetsuoの鉄道の話題と趣味日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後のご挨拶-ブログ終了のお知らせ

<<   作成日時 : 2009/12/12 15:20   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

 みなさんこんにちわ昨日の冷たい雨も上がり暖かな良い週末になりました。今年も残す所半月余りとなりました。今回は本当に突然ですが、みなさんに悲しいお知らせをしなくてはなりません。
 一昨年の1月に始めたこのブログですが、今回で終了させて頂く事となりました。丸3年間週一ペースで更新してきましてアクセス数も日々上がってきて・・・今回断腸の思いですがお許しください。

 3年間は長いようで短い年月でした。初め手探り状態で始めたこのブログも本日現在TOPページ+記事ページあわせて14万2千474件の総アクセスを頂きました。

 毎回記事の冒頭でもちょくちょくチラッと語ってきましたが、今年の5月に実は実父が急死・他界し生活環境が一変してしまいました。
 詳しい事は今まで語りませんでしたが、今回最後という事で事情をうち明けさせて頂きます。

 実は自分には一人弟がいまして、高度知的障害者です。入院治療が必要な状態でしたが、父が存命の頃は費用の問題から一人で家でヘルパーさんを雇い介護してきました。父も高齢でかねがね心配はしておりましたが、自分も会社勤めをしている事情があり介護できる環境になく、父に度々入院を勧めてきましたが、金銭的な事情と自分には心配と苦労はさせたくないと無理をおして自宅介護をしておりました。
 他界したその日、いつものヘルパーさんから“父と連絡が取れない”という電話が自分方にあり、飛んでいってみると父は布団の中で、眠ったまま既にこと切れていて・・・、その脇で空腹から動けなくなり衰弱した弟がたおれている情況でした。
 警察立会いの元、検死した医者の死亡診断書の死因は“虚血性心疾患”という事でした。その日、早朝に心臓の血管が詰まり、そのまま逝ってしまったようです。いわゆる突然死です。父も78歳という高齢ではありましたが、今思うと介護疲れと心労がもう少し生きられた命を縮めたのだと思います。母を15年以上前に無くしてからというもの父の老後は障害者の弟との二人暮らし。その介護に明け暮れる寂しい毎日でした。
 そこから自分の生活が一変しました。今まで父がしてきた事を全部自分がやらなくてはならなくなったのです。
 
 弟はその場で救急病院に入院させましたが、あくまで救急病院だった為、かといって自宅介護が出来る病状ではなく、葬儀もそこそこに衰弱回復後精神科のある大泉の病院への転院させました。ご存知の方もおいでになるかもしれませんが、精神科の病院は長期入院はさせてもらえず3ヶ月が限度です。その後も病院を替わり今葛飾の病院でお世話になっています。

 また急死だったため、何がどうなっているのか、どこにあるのかさっぱりわからず、通帳や印鑑探しから始めなくてはなりませんでした。判明したのは多額のカードローンの借金です。それも他界した父名義のカードばかりではなく、障害者の弟がまだ健常者だった頃に作ったカードも使用し借金していました。用途は当然弟の医療費です。自分に入る年金と自営で細々と働いていた工賃と弟に入るわずかな障害者年金だけでは高額な医療費をどうすることも出来ず、やむおえず借金を重ねなくてはいけなかったようです。心配かけまいと思ったのか存命中は一切そのような相談はありませんでしたので自分で何とかやりくりしているものと思っていました。→最終的にわかった事ですが合計8社から300万をこえる借金がありました。

 当然自分にそんな多額な借金を立て替えて支払う余力もなく、父の方のカード会社は相続が未定という事でまだ逃れられましたが弟の方のカード会社から、それからというもの毎週のように借金の取立ての手紙攻撃が始まりました。ポストはカード会社からの手紙の山です。

 一時はすべてを投げ出して逃げたくなったのもこの頃です。

 もう自分ひとりの力ではどうにもならず、たまたま知り合いだった行政書士の方に相談に駆け込みました。
 そしてその方の助力を頂き、裁判所に自分を成年後見人にしてもらう認可をもらい(提出書類が山のようありこれも苦労しました。)それから弟の財産管理と父の遺産相続の手続きが始まりました。

 その後長い月日がかかりましたがローンを抱えていた持ち家は団体生命保険が認可されローンがなくなり、(この手続きも苦労しました)持ち家を売ってその資金で借金を返済するのを目標に頑張ってきました。
 そして先頃、ようやく裁判所から遺産分割協議書が認可され(父の借金も弟名義の借金も家の売却資金で支払う事の認可です。相続放棄も考えましたが、父が自分の家の持分もあった為、放棄するとその分自分が買い取る費用が発生する為、団信がおりた事で相続で決定しました。)
 そしてようやく先頃、家が売却出来て、その資金で亡き父と弟の借金の清算がすべて終わりました。(まだ裁判所に詳細な報告書をださねばならず、その作業が残っていますが。)

 その残金がまだ多少多めにあり、生活保護が受けられませんが、残り資金が尽きる前にゆくゆく生活保護の申請をする予定です。

 そして・・・

 仕事と諸手続きで多忙な毎日を送っていた矢先、もう一つ、ダブルパンチのように不幸が襲ってきました。妻が乳がんと診断されたのです。

 自分も父の急死での葬儀代や後見人になれる前に高額な弟の医療費・入院費を捻出する為、借金してしまっていましたので、妻の高額な手術代や今度5年以上かかる定期的な検査や医療費を支払う余力は残っていませんでした。妻はわずかな入院費しかおりない保険にしか入っておらず、保険もおりません。“鉄道模型はもうやめよう”そう思い始めたのもその頃です。今思えばその時、所有していた模型を売って妻の医療費に当てるのが正解でした。自分はその時まだその決断がつかず、妻も生活費の不足分を捻出する為、自分のカードで借金が多額にあり、長く続けてきた介護の仕事も体力がいる為、続けられず退社、結局話し合いの上、妻とは離婚し独自で生活保護を受け、長くかかる検査・医療費をまかなう決心をしたのです。子供は2人おりますが高校生の長女は妻と一緒に家を出ました。弟の中学生の長男は自分の所に残りました。ここから父子家庭生活が始まりました。

子供2人が幼い頃、書いてもらったイラストです。妻が持っていった為、もう手元にはなくこのパソコン画像が想い出の品で、まだ幸せだった頃の4人家族の頃です。

 
画像


 長くなってしまいましたが、そんなこんなのかつて経験した事のない不幸続きの今年でありました。

 生活が一変した父の他界以降も何とかこのブログはやめないで続けてきましたが、今回終了を決心したのは、妻の就労で何とかやってこれた我が家庭でしたが、妻の病気・退職・そして離婚で父子家庭になった事で、妻の収入がなくなり、長男と自分の食費をはじめ生活費、そして住宅ローンも全部自分が一人でまかなっていかねばならず、とても“鉄道模型”どころではなくなってしまったからです。そんな気分で所有している模型を走らせてもまったく楽しい気分にはなれず、本当は離婚前に決断すべきだった鉄道模型の趣味から撤退する決心を遅ればせながら固めたのです。所有している模型はすべて売却し、借金の返済にこれからあてます。予約していた製品もすべて無理を言ってキャンセルさせてもらいました。

 上記のような金銭的な理由と父子家庭として今までまったくしてこなかった炊事・洗濯・掃除・買い物・子供の面倒、また家計の管理・銀行からの金銭の引き出しや住宅ローン口座への振込などの実務も全部自分で仕事以外にやらなくてはなりません。

 そして障害者の弟の成年後見人としての活動も終わったわけではなく、通帳と現金と領収書等の管理、裁判所への定期的な報告の為の書類作成、そして3ヶ月ごとにやってくる定期的な転院立会いと手続き、そんなに遠くないうちの生活保護の申請など、家庭の世話とあわせて時間的にも鉄道模型に接している時間がまったくありません。(多少時間があっても仕事と両方の疲れで空いた時間はすぐ寝てしまいます。)

 以上、今回経済的・時間的・総合的な理由から鉄道模型趣味から断腸の思いで本当に無念ではありますが、別れる決心をいたし、このブログも終了させていただく事にしました。

 これまでの3年間、応援していただいた方々、訪問いただいた、多くのみなさん、そしてコメント等いただいた方々本当にありがとうございました。

 いつの日かはわかりませんが、不幸が幸福の周期に替わり、生活環境にゆとりが出来た暁には、別の形で(日々の出来事の日記ブログでもやろうかなと思っています。)みなさんに再会できたらと思っております。
 そしてみなさんのブログはこれからもちょくちょく拝見していくつもりです。
 また協力いただいたウェッブブログさん、日本ブログ村さん、これまでありがとうございました。

  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 ではみなさんもう年末も近いです。少し早いですが、良いお年をお迎えください。

 自分も来年こそは良い年になるようにこの逆境をなんとか乗り越えていくよう頑張りたいと思います。

 さようならまた会う日まで

 

 ・・・

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
短い間でしたが、ありがとうございました。
いずれお子さんも自分で考え自力で生活していく時期が来ると思います。
大変だと思いますが、是非、明るい未来を信じて頑張って頂ければと思います。
いろいろ勉強させて頂いていたので少し残念ですが、またどこかでお会いできる日を楽しみにしております。
それでは。
関西人
2009/12/12 16:59
関西人様、コメントありがとうございます。貴方のブログはこれからも拝見させていただこうと思っております。今まで応援ありがとうございました。またいつかお会いできるその日まで!
Mr.Tetsuo
2009/12/12 19:42
初めましてですが…
いつも更新楽しみにしていました。
今回の更新中止残念です。
でも、家庭の事情ではしょうがないですよね。
私は子供は居ませんが、病弱の妻がおり今後も気を抜けない状況です。

模型は楽しいですが、何より生活が大事です。
鉄道趣味は細々とでも、それこそ心の中にでも留めておくだけでも楽しい趣味だと思っています。

管理人さんが今後良い方向に進んでいけますように、気持ちを送らせて頂きます。

今まで楽しい記事をありがとうございました
yu3
2009/12/13 00:38
yu3様、コメントありがとうございます。いつも見ていただいていたという事でありがとうございました。これからは模型はもう持ちませんが、ネットでみなさんのブログを拝見するのを楽しみにしていこうと思います。応援ありがとうございます。
Mr.Tetsuo
2009/12/13 03:44
こんばんわ

楽しいブログに出会え、毎回楽しく記事を拝見させていただいていただけに残念です。
管理人さまの現況を知り何とコメントしてよいかわかりません。
必ずや苦境を乗り越えブログを再開することを願って止みません。
頑張ってください。
@驚く為五郎
2009/12/13 23:55
@驚く為五郎様、毎回コメント頂く様になり、これからという矢先誠に申し訳ありません。自分も鉄道模型と別れるのは本当につらいのですが、語った理由からやむおえません。生きていかねばなりませんから。過去の記事はしばらくこのままにしておきますので、どうぞ3年間の記事を見てみてください。@驚く為五郎様もお元気で!
Mr.Tetsuo
2009/12/14 04:19
こんばんは。

突然の出来事で大変驚いております。Mr.Tetsuoさんの記事を毎週読むのを楽しみにしておりました。

今回の決断にあたっての心境はお察しします。なんと申し上げたらいいのかわかりませんが、この苦境を乗り越えて、再びブログの再開していただくことを切に願ってやみません。

いつ何時何が起こるかわかりません。本当に考えさせられました。

私もまだまだ模型についてこちらの記事で勉強したいことがありますので、どうか消さないでください。そしてときどき幣ブログでのご指導をお願いしたいと思います。

一つ気になったのが、大泉の病院の件です。大泉学園駅からバスに乗って、15分くらい、そしてバス停からもしばらく歩く住宅街の中にあるところでしょうか?もしかしたら、私の所属している楽団が毎年春に訪問演奏を行っているところではないかと気になりました。
マエストロ
2009/12/15 01:57
マエストロ様、こんにちわ。
コメントありがとうございました。5月の生活一変からも時間的精神的な余裕がないなかでも頑張って何とかここまでブログは続けてきましたが、今回終了の決断となったのは、ダブルパンチで襲ってきた元妻の病気ー退職ーそして離婚です。支えだった妻の収入がみこめなくなり、家計が苦しく、とても鉄道模型に廻すお金がありません。資産といえばいままでこつこつと溜めたこの鉄道模型のストックぐらいです。今回それを全部売却し生活にあてます。新規購入も予約を取り消しました。手持ち模型がなくなれば当然鉄道模型ブログも続けられないので、これが決定打になりました。
 今後、生活が落ち着いてまたブログを書き込む余裕が出来ましたら、(鉄道模型ではない別のカデゴリーになると思いますが)ご案内します。
 しばしお別れですがマエストロ様もお元気で頑張って下さい。(大泉の病院の件は貴方のブログのコメントに書き込みます。)
Mr.Tetsuo
2009/12/15 05:58
Mr.Tetsuo様、こんばんは。

毎回の更新を楽しみにしておりました。
様々な辛い思いをされている中でブログを作っておられたんですね。
正直言葉が出てきません。
くれぐれもご自身の心身の健康にも留意なさって下さい。
一度途絶えたとしてもいつでも戻れる場所が趣味の世界だと思います。
いつかまたTetsuoさんが鉄道模型を再開できる日が来る事を心からお祈りします。
どうかお元気で!!
旭屋
URL
2009/12/15 21:34
旭屋様、こんにちわ。コメントありがとうございました。たくさんの方々より最後にコメントいただき、いつも楽しみにして頂いていたというお言葉に感慨深いものがあります。本当に残念でなりません。鉄道模型は明日、出張買取に来てもらいます。長い間(10年たつか経たないかで)で苦労して集めた鉄道模型とも明日でお別れです。
 これからはお金を使う事よりためる事にシフトしなくてはならず、趣味とはしばしの別れです。皆さんのブログを拝見楽しむお金のかからない鉄道趣味で我慢です。
 またお会いできます事を楽しみにしています。旭屋様もお元気で!
Mr.Tetsuo
2009/12/15 23:33
Mr.tetsuoさん、こんばんは。
以前にコメを頂いたかと思います。
時折楽しく拝見させて頂いておりました。
ブログ村でタイトルを見て正直びっくりしております。
ご事情を伺うに、本当に断腸の思いでご決断された事は同じ模型人として何と申し上げて良いのか言葉が見つかりません・・・。
実に残念ではございますが、何時の日かきっと幸福な時間が訪れる事を思い、またこの日本ブログ村でお会いできる事を切に願っております。
どうか不幸に負けず頑張って下さい!!!
tom
URL
2009/12/16 03:39
tom様、コメントありがとうございます。こうして皆様の力で支えていただいてきたブログだったのだなあというのが実感です。こういう事は最後になってわかるものですね。両親共に他界し妻と娘がいなくなり、息子しかいなくて、孤独感が強くて寂しくて仕方がないですが、こうして皆さんに応援していただくと一人じゃないんだと勇気がわいてきます。とm様もお元気で!ぜひ過去記事も3年分時折見てください。
Mr.Tetsuo
2009/12/16 05:13
こんばんは。
何と申し上げたら良いのか解りませんが他人事では無く感じます。
私も2006年に大変な病気の宣告を受けて職場も退職を余儀なくされましたが幸いにも入っていた保険から大きな保障を得られてウソのように生活が維持できたのはほんとに運が良かったと感じています。
あの保険に入っていなかったらほんとに・・・破産状態でした。
かかった医療費だけで家が建つレベルです。

2006年に2年以上生きた例は無いと宣告されたにも関わらず1年ほどで状態が良い方に急転し、現在に至っています。
根治の期待もされています。

変な言い方ですがほんとに世の中何があるのか解りません。
Mr.Tetsuoさまや奥様にも突如幸運が訪れるかもしれません。

生意気ですが日々の生活に追われて目を三角にしないよう、少しでも楽しい事を見出して笑顔を作るよう努力してください。
笑う角には・・・ほんとうです。
生きてさえ居れば苦しい事もありますが楽しい事、笑える事も多々あるはずですから気持ちだけは心がけて生活していただきたいと切に望みます。

近い将来に近況報告〜!なんて記事が出てくることを期待しています^^
とと
URL
2009/12/19 01:48
とと様、コメントありがとうございます。ご自身が大病されたとの事で、まだ自分の立場など良い方と痛感いたしました。幸い自分は多分?まだ健康でそれだけでも幸せかもしれません。世の中苦労している方はたくさんいらっしゃるんだという事を認識させられました。これからもお元気でご活躍ください。自分もこの逆境を乗り越えて頑張りたいと思います。
Mr.Tetsuo
2009/12/19 10:23
Mr.Tetsuoさん。こんばんわ。
気の利いたコメントは何もできないんですが、僕もこのブ
ログの更新をとても楽しみにしていました。もしかすると
内容よりもMr.Tetsuoさんの鉄道模型を愛する心がにじみ
出る文章を読むことを楽しみにしていたのかもしれません。
ブログ終了は本当に残念で仕方ありませんが、Mr.Tetsuo
さんの現在の環境であれば止むを得ないですよね。今回の
ブログを最初に読んだ時、まるで自分の大事な友人の身に
起きたことのように思え、本当に大きなショックを受けま
した。今は、ただMr.Tetsuoさんと、そのご家族の方々が
幸福になることを強く望むばかりです。元気を取り戻され
ましたら、ぜひブログでご報告ください。
本当に大変だと思いますが、今後の復活〜ご活躍に心から
期待しております。
いちファン
2009/12/20 02:32
いちファン様、コメントありがとうございました。何もなかった頃は、鉄道模型をいじる事とこのブログの更新が何よりの仕事のストレス解消でした。それが度重なる出来事で、逆に鉄道模型に接する事自体が気が重くなり、ブログの更新も義務感に縛られたようになっていました。
 長年集めたコレクションを売却する時は本当に寂しかったですが、どうしても生活の為(売ってお金になる資産といえば鉄道模型ぐらいしかありませんでしたので)に決断しました。今後“趣味”とは当分お別れですが、落ち着いたら別の仕事以外の何かを見つけていきたいです。(お金がかからないもので(笑!)
 いちファン様もお元気で、そして過去ログもぜひ今後も覗いてみてください。
Mr.Tetsuo
2009/12/20 03:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道の豆知識へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ   もしもドロップシッピング
最後のご挨拶-ブログ終了のお知らせ Mr.Tetsuoの鉄道の話題と趣味日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる